マレーシア DAY3 ペナンから移動 パヤ島でのシュノーケリング日帰りツアー

ひとりたび

オプショナルツアーを予約していってきました。

この記事を書いているのがすでに2020年になってからなので、記憶があいまいなのですが、ホテルで手配して370とか380MYRだったと思います。

多分、日本で予約しても変わらないと思います。

 07:00 ホテルへお迎えがきます

朝食を早めに食べて準備して待っていました。

ワゴン車がお迎えに来てくれて、フェリーターミナルまで送ってくれます。

途中のホテルで同じツアーの参加者をピックアップするので、フェリーターミナルから遠いところにあるホテルを予約した場合には車に乗せられてから点々とする感じです。

 08:30 フェリーターミナル到着

車を降りて、自分の船がくるまでちょっと待たされます。

このあたりで待っとけよと言われるので、おとなしく言われるがまま

10分から15分くらいで待合室から船に乗り込みます。

船の中はめちゃくちゃ寒かったので、上着必須!

 10:30 パヤ島到着

大体予定どおりに到着です。

移動してきた船からポンツーンっていうんでしたっけ?浮島?の船に乗り込みます。

なんか、いろいろと説明されます。

日本語の説明はないけど、看板?的なものには日本語表記もあるから、大体大丈夫かな?

説明が終われば、ご自由にどうぞです。

シュノーケリングのセットやライフジャケットはそのへんからご自由にお持ちください状態です。

 12:00 ランチタイム

ランチですーとかの合図もなくて、いつの間にか始まります。

やきそば的なものとチャーハン的なもの。それとおかずが少々。

飲み物は、粉をといたようなオレンジジュースとコーヒーかな?が、無料で飲めます。

お水とかは持っていったほうがいいです。

 13:30 シャワータイム

少し早めのシャワータイムをおすすめします。

というのも、ぎりぎりだとめちゃ混みます。

ちなみに、シャワーは室内と室外とあって、室外のほうがすいています。

着替えだけなんとかできるのなら、室外で。

 14:00 ペナンへ向けて出発

ここからペナン行きとランカウイ行きと二つの船が出るようなので、船を間違えないように。

自分の船が何時に出発かを言ってもくれるし、目印になるものを腕にまかれるので大丈夫だとは思いますが、念のため、乗り込む前に行くことをおすすめ。

もっていくもの

飲み物は、お水など持っていったほうが安いです。

それから、タオルや着替えなども必要です。

コインロッカーのようなものはなかったので、お金などはご注意ください。

私は持って泳いでいました。

防水バッグあると便利です。

 17:30 ペナン到着

そのままホテルまで送ってもらうこともできますが、主要なポイントで落としてもらうことも可能です。

私たちはショッピングモールで落としてもらいました。

 20:30 ホテル到着

疲れました。

今日も寝ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました